雑文でございます。


by kotora_7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

OCEANLANE

何年ぶりに、ひとりで映画を見たんだよね。
『グッモーエビアン』。
OCEANLANEって名前を見て、懐かしくてってさ。

ライブはどこで見たんんだろ。
下北かな、渋谷かな。

行って会場で、次のライブのチケットを買った記憶がある。


1時期、心の支えになってた、バンドだったんだ。
何度も、何度も繰り返し聴いた。

で、懐かしくって、その扉開いたら、活動休止してた。

まあ、いいよ。

いつか、見れるでしょ。

とっても。久々の更新。

明けましておめでと。

みんながHappyな1年でありますように。

2013年(平成25年)1月5日


[PR]
# by kotora_7 | 2013-01-05 21:45 | 音楽

20120323_1

今日は主の送別会だ。

送られる者、送る者。
去る者、残る者。

両者間の気持ちはいろいろで、複雑だろうが、
思い一緒で、つながり、続いていく。

“守りたい”“助けたい”
“救いたい”“繋げたい”

その為に日々、
向上繰り返し、
古きから学び体得し、
寛容に新しい技術を会得し、
さらなる粉骨砕身の毎日。

永遠の連鎖だ。
携わる者の皆の思いだ(と思いたい)。


だから「送別会」ではないのだ。
思いをわかちあった師、友、後輩との確認の場所なのだ。

すべては……。
[PR]
# by kotora_7 | 2012-03-23 15:47 | 雑文
中旬というより、すでに下旬ですが……
毎度の「暦のひと言」でございます。

クリスマスです。

今年最後の1週間が今日はじまりました。

さあ、駆け足で、巡っていきましょう。

さあ、暦のひと言…。


我が身を立てんとせばまず人を立てよ(12月11日)
※自分の望みを叶えたいと思うなら、
 まず人に譲るようにしなさいという教え。

自分を主張する前に、
周囲の人たちを助けてあげなさいということか?
普段の生活で、自分ばかりじゃ、
詐欺にもならないものな。

タニタ生活休:(そと飯)

この日は髪を切った。
半年ぶりだ。
耳が出て寒さをより体感。


短気は未練のもと(12月12日)
※短気を起こすと後悔することが多く、
 未練が生じるようになる。

短気は良くない。
後悔ばかりだ。
どうしたら短気は治るのだろう?

(準)タニタ生活三十日目(別レシピ)


物は考えよう(12月13日)
※物事は考え方しだいで、
 よくも悪くも受け取ることができる。

その考え方や感じ方が
うまく理解できなくて、
トラブルが多発するんだよね。
もっと考え方、
柔軟にしないといけないな。

(準)タニタ生活三十・五日目(別レシピ)


時は得難くして失いやすし(12月14日)
※よい機会というものは、
 なかなかめぐり合うことが難しい。
 また、たとえめぐり合えたとしても、
 逃しやすいということ。

確かだと思います。
「よい機会」だったはずものを、
自分から手放してしまったりして、
後々、ものすごく後悔するのだ。
実感……。

タニタ生活休:(コンビニ)

この日の昼食に「根の津」に行った。
温冷の2種うどんを食べた。


光陰矢の如し(12月15日)
※月日がたつのは、
 矢が飛ぶように早いということ。

速い。
2011年も、
ぼんやりしていたら、
あと一週間だ。
何をしてきたのだろう……。

(準)タニタ生活三十一日目(別レシピ)


鳴くまで待とう時鳥(12月16日)
※機が熟するまで、
 辛抱強く待っていようの意味。

辛抱強く待てない。
気が早いのが、
悪い癖。
早とちりしてばかりで、
結局、失敗。
後悔ばっかりだ。

タニタ生活休:(ひとり飯)


歳月人を待たず(12月17日)
※年月は人の都合などには、
 お構いなしにどんどん過ぎ去ってゆくものである。

確かだと思います。
時は待ってくれませんからね。
こうしているうちにも、
どんどん過ぎていく……。

タニタ生活休:(ひとり飯)


入り船あれば出船あり(12月18日)
※港に入ってくる船があれば、
 出てゆく船もあるように、
 世の中はさまざまで1ヵ所にとどまらず、
 移り変わっていくということ。

入って、出てを繰り返し過ぎて、
困った状況を生んだのも確かだ。
自分の今後を見据えて、
そろそろ確かな「選択」をしなければならない。

(準)タニタ生活三十一・五日目(別レシピ)


待たぬ月日は経ちやすい(12月19日)
※待つことがなければ時は、
 あっという間に過ぎ去る。
 何かを待っている時には、
 信じられないくらいに遅いという意味。

待つ時間で長く感じますよね。
わずか5分、10分でも長い。
そもそもあまり待つのが苦手だから、
余計に長く感じるのだ。
ただこれからは上手に待つ方法、
身につけなければならないよな。

タニタ生活休:(デパチカ)


人を思うは身を思う(12月20日)
※他人に情けをかければ、
 やがて報いられて自分のためになる。
 情けは人のためならず。

これまでどれだけの人たちに
親切ができただろう?

親切は、しなきゃダメだ(と思う)
ダメとまでは強く言えないけれど、
可能な限りした方がいいと思う。
そう自分に言い聞かせて、
可能な限り、親切にしていこう。

(準)タニタ生活三十二日目(別レシピ)


さてさて。

今回も、筆が乗らなかった……。
更新に慌てていて、言葉が雑になっている気がする。
ただ時間をかけても、いい物ができたかは難しいね。


最後に一曲。
今日はこの曲ではないでしょうか?

[PR]
# by kotora_7 | 2011-12-25 13:09 | 雑文

Happy Merry Xmas!!

42回目のX'masです。

キリストさま、お誕生日おめでとうございます。

主は今日は仕事です。

夕方、仕事終わりにX'masの買い物に出かけます。

23日に、ある見知らぬお爺ちゃんが拾ってくれた財布。
奇跡的に見つかった財布。

その奇跡を主に使っても悪くはないだろう……。

X'masだしね。
[PR]
# by kotora_7 | 2011-12-25 12:25 | 雑文
ってことで、毎度の「暦のひと言」でございます。

12月に入り、師走はものすごい速さで過ぎていきます。
気付けば12日。
残り19日。

あと19回寝ると、
2011年も終わりなのか……。

「いい」も「悪い」ひっくるめて、
今年が納まるように、
残り僅かな19日を過ごしたいと思います。

ってことで、暦のひと言…。


風邪は万病のもと(12月1日)
※風邪はあらゆる病気を引き起こす原因になるから、
 用心が必要であるということ。
 たかが風邪と甘く考えないように戒める言葉。

風邪は良くひく。
しかも、ひくとずるずると長い。
昔、風邪で一週間ぶっ倒れていたことがある。
職場の上司が、ずる休みだと思い、
職場の仲間を自宅まで、様子を見に来たことがある。
まあ普通、たかが風邪で一週間も休みませんよね。
でも、本当に熱と下痢で倒れていたんだ。
あのあと、復帰してからの仕事も大変だったな。
一週間分が手つかずに残っていたもの。
結局、それをやるのと、先の仕事を進めるとので、
徹夜、徹夜の毎日。
しんどかったな……。

風邪は良くありませんね。
あとが大変です。

(準)タニタ生活二十六・五日目(別レシピ)


身に勝る宝なし(12月2日)
※この世には自分より大事なものはないということ。

自分大事。
でも、自分より大事なものもある。
そう思う。

(準)タニタ生活二十七日目(別レシピ)


冬来りなば春遠からじ(12月3日)
※つらい時期を耐え抜けば、
 幸せな時期は必ず来るというたとえ。
 長い冬を耐えて春を待つ気持ちの表現としても用いられる。

時間が経てば、季節的な“春”は巡ってくるだろう。
でも、今の自分、
この氷河期のような状態に、日は差し、
春は本当にやってくるのだろうか?

まあ、答えなどないよな。
少しずつ、できることからやっていかなきゃ。

(準)タニタ生活二十七・五日目(別レシピ)


この日、地震を伝える緊急警報のアラームで目覚める。
震度も低く、都内の揺れも大きくはなかったのだが、
「311」以来、本当によく地震が起きる。
地震が日常化するのは怖いものだ……。


人間一人は世の宝(12月4日)
※どんな人間でもみんな尊い。
 それぞれ世の中のために働いているのだから、
 人の命は大切にしなければならない。

「命」は尊い。
ただ、世の中のために働いているから、
「命」を大切にって……
「労働」と「命」は平等なのか?

まあ、働かなければ、
食えないわけだから、一理あるのか?


(準)タニタ生活二十七・五日目(ver.2)


月日変われば気も変わる(12月5日)
※月日がたてば、
 人の気持ちも考え方も変わるものだ。

解決の糸口は、やはり「時間」なのか?
でも、「時間」が経てば経つほど、
錆びついていく感じがする。
そういった気持ちも、
「時間」が経てば、変わるのだろうか?

(準)タニタ生活二十八日目(別レシピ)


残り物には福がある(12月6日)
※人が取り残したものや
 最後に残ったものの中には、
 意外によいものがある。

あまり選択肢も無いだろうから、
中でも「いいもの」を選ぼうとするんだろうね。
それで少し「得した気分」を味わうんだ。

なら、欲しいものだけを、
長い期間、本気で手に入れ続けたら、
どんな気分になるのか?

(準)タニタ生活二十八・五日目(別レシピ)


月雪花は一度に眺められず(12月7日)
※月、雪、花…
 自然の美しい風景を同時に楽しむことができないように、
 良いことが全部いっぺんに揃うことはあり得ないということ。

「月」「雪」「花」は、見れそうだけどね。
ただ、「良いこと」が全部やってくることはないね。

たくさんやいっぱいなくてもいいから、
それでも「良いこと」はある方がいい。
それで人が「笑顔」になる。
「笑顔」は人を穏やかにしてくれる。

タニタ生活休:(ひとり飯)


急いては事を仕損じる(12月8日)
※物事はあせると、
 かえって失敗しやすいものだということ。

「焦り」は、確実に「失敗」に近付きます。
数々「焦り」、多々「失敗」してきた経験談です。
解っているのになぜか焦る。
「焦り症」なんですよね。
少し落ち着いて、冷静にいろいろ判断、行動できるようにならねば……。

(準)タニタ生活二十九日目(別レシピ)


千兵は得やすく、一将は求め難し(12月9日)
※兵はいつでも集めることができるが、
 それを指揮する人材は、なかなか求めるのが難しい。

「リーダー」に求められるのは結果。
しかもたいがい、好い結果。
だから難しい。
それでも中には、数々の実績を上げている「リーダー」もいる。
やはり資質というか、向き不向きというのはあるのだろう。

タニタ生活休:(さぼてん)


楽は苦の種、苦は楽の種(12月10日)
※楽は苦を、苦は楽を生むもとになる。
 今の苦労は将来の楽につながるから、
 耐え忍ばなければいけないということ。

耐え忍ばないで、
なんとか「楽」に生きられないかな?
そういうことを考えているから、ダメなのか。

(準)タニタ生活二十九・五日目(別レシピ)

さてさて。

今回は、筆が乗りませんでした。
なんか更新するために書いた感じになってしまった。
反省……。


最後に一曲。
最近気になっています。

[PR]
# by kotora_7 | 2011-12-12 13:32 | 雑文
ってことで、毎度の「暦のひと言」でございます。

ものすごいスピードで11月が過ぎ去り、
あっという間に、12月の扉が開いてしまった。
2011年もあと1ヵ月。
2012年の新年も、もうすぐそこだ。

で、いつもなら、振り返ってボヤくのだが、
今日はしない。
12月の終わりに、たっぷりと2011年を振り返ってやる。
そして、もう振り返らない。
(まあ、ブログだから見れば、
いつでも振り返れるんだけどね。
何か言い切るのがカッコイイ気がしたのだ)

12月は、主が新たにトライする日もあるし、
クリスマスや、大みそか、
有馬記念に、東京大賞典、
主は忘年会にもたくさん出席するだろうな。
イルミネーションも見に行きたいし、
ツリーも見たい。
あ、あと大掃除もしなきゃ。
とにかく12月は、いつにも増して猛烈なスピードで過ぎていくだろう。

そのスピードに対応していかなきゃ。
もうのんびりしてられない。
(そんな気がしている)。

さあ、2011年のカウントダウンが始まった!!

ってことで、暦のひと言…。


明日の百より今日の五十(11月21日)
※あてにならないものに期待するより、
 たとえ少なくても確実なものの方がよいということ。

ここ数年の自分は「あてのないもの」に期待をしていたんだろうな。
目に見えないものに期待し過ぎていたのかもしれない。
今が、いいというわけじゃない。
ただ、漠然とだけど、何かできるようになった。
前の自分よりは前に進んでいると信じたい。
またちょっと後退する時もあるだろうけれど、
「確実」にできることからはじめたらいい。
そう思う。

(準)タニタ生活二十三・五日目(別レシピ)


善悪は友を見よ(11月22日)
※その人が善人か悪人かを知るには、
 本人よりも、
 交際している友人の行状を見ればよくわかることである。

「交際している友人」か。
今は寂しい状態だな。
今の自分は「善人」なんだろうか、
「悪人」なんだろうか。
どちらの気持ちも、合わせ持っている気がする。
主? 今の自分はどう見える?

タニタ生活休:(すし屋)

最近頻繁に使っている1122(いい夫婦の日)。
この日は、いい夫婦の日、当日で、
回転寿司屋だが、主と外食してきた。
大好きな「根の津」のディナータイムもいいかなと思ったが、
LOが早く、店も21時までなので、
“主の帰りが遅かったら行けないな”なんて思いながら、
帰りを待っていた。

すし屋は平日だが、翌日が休みだからか混んでいた。
自分たちと同じように「いい夫婦の日」を
祝いカップル、夫婦、ファミリーもいるのだろうね。
ちょっと待つ。

主はイカの塩(レモン添え)で食べる皿がいたく気に入ったようで、
数皿続けて食べていた。
まあ、イカでませんからね、食卓に。申し訳ない。

楽しく過ごせたのではないかと思う、「いい夫婦の日」だった。


雪や氷も元は水(11月23日)
※もともとは同じものでも、
 環境によって異なったものになるということ。
  
ということは、水が人だと例えれば、
人も環境によって、いくらでも変化してしまうというか?
適応能力ということだろうが、
その人のそれぞれの根本までも変化させてしまってはマズイよね。
“らしさ”が消えていく(気がする)。

(準)タニタ生活二十四日目(別レシピ)


頭の上の蝿を追え(11月24日)
※人のことより、
 まず自分自身の始末をせよ。

きつい一発。力のある言葉である。
そうだよね。
他人のことより、
まず自分自身の事をせよ。
はい。

(準)タニタ生活二十四・五日目(別レシピ)


名人は人に問う(11月25日)
※真の名人は、うぬぼれることなく、
 人の教えや意見を謙虚に聞くということ。

どこかで「うぬぼれ」てたよな。
そしてその「うぬぼれ」に、激しく溺れてた。
深い沼。
早く抜け出さなきゃ。
「名人」にはなれなくとも、
謙虚で素直な「凡人」ぐらいにはなりたいものだ。
ああ、早く「凡人」になりたい(叫)。

(準)タニタ生活二十五日目(別レシピ)

キラ☆キラ』で聴いて気になって買った、
ねじれの国、日本』という本をこの日読み終えた。
なかなか面白い日本論。
読んで随分と納得するところが多かったな。
堀井さんのしゃべり口調的な文体は、
自分にはリズムがあった。
ただ、読むのに時間はかかったな。
買ったの10月だからな。
読書力はもう少し強化しないといけないな。


失敗は成功のもと(11月26日)
※失敗しても、
 その原因を追究したり、
 欠点を反省して改善していくことで、
 かえって成功に近づくことができるということ。

今、かなり「失敗」状態が続いているが、
それでも、いつの日にかの「成功」にたどり着けるか?
望む「成功」の姿が、まだ見えない状態だけれど、
ただその「成功」に少しでも近づくためには、
今を確実にこなしていくことが必要なんだろうな。

(準)タニタ生活二十五・五日目(別レシピ)

この日、昼食で「根の津」に行きました。
温冷の2種うどんを頂く。

主は、「根の津」の“えび天”がお気に入りだ。
塩で食べる感じが、好みのようだ。


身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ(11月27日)
※自分の命を犠牲にする覚悟があってこそ、
 初めて窮地を脱して物事を成就することができるということ。
 
自己犠牲をする「覚悟」。
まだないんだろうな。
「覚悟」とは、
1.危険なこと、不利なこと、困難なことを予想して、それを受けとめる心構えをすること。
2.迷いを脱し、真理を悟ること(仏語)。
3.きたるべきつらい事態を避けられないものとして、あきらめること。観念すること。
4.覚えること。記憶すること。
5.知ること。存知。
である。

ただ、
あと少し。
本当、
あと少しで、
その日は来る(気がしている)。
腹を括り、「覚悟」する日が。

その日に向けて
「覚悟」できる
何かを身につけなればならない。

タニタ生活休:(ふるさとグルメ)

この日久々に「瀬佐味亭」にお邪魔した。
以前、頻繁に通ったラーメン屋である。
赤の坦々麺を食べる。
普通で、十分辛いことを忘れていた。
頭の毛穴が一斉に開いて、
汗びっしょり。
ふ~う。

敵の急所はわが急所(11月28日)
※敵の急所は自分の急所でもある。
 だから急所を見つけたと言っても
 安心せず逆に用心せよ、ということ。

今の自分は「急所」ばかりだ。
攻め込まれたら、ひとたまりもない。
「用心」にこしたことはないが、
「用心」する前に、
「急所」をカバーできる“矛”や“盾”を身につけねば。
(矛盾を身につけるという意味じゃないですよ、念のため)。
その前に自分の「急所」の解明と分析が必要だな。

(準)タニタ生活二十六日目(別レシピ)


人事を尽くして天命を待つ(11月29日)
※人間の能力で出来る限りのことをし、
 あとは静かに天命にまかせることで、
 事の成否は人知を越えたことであり、
 結果がどう出ても悔いはないという心境のたとえ。

「能力」使い切ってない。
出しきれてない。
エンジン全開で、パワフル最強!!!!!
ってなモードには全然ないな。

時折、プスプス尻からガスが漏れる
ポンコツだ。
そんなポンコツだけど、
「凡人」目指して、ただいま前進中。
「凡人」になれたら、
もう少しエンジン全開で、
「能力」も出し切れるだろう。
まあ、その「能力」ってのが何だってのはありますが……。
備わってなければ、全開なんていかないものね。
それじゃ、「凡人」になったところで、
今と大差がない。
「能力」とは何だ?
求められる「能力」とは何だ?
この点も、早急に解明、分析しなきゃいけない問題だな。
(問題ばかりだな)。

タニタ生活休:(主)

ちなみに、この日「瀬佐味亭」再びである(速!!)。
先日のこともあるので、辛さスーパーライトの1/4にしてみましたが、
やはり滝のように汗がこぼれてきました。
頭の毛穴が壊れたようです。
ふ~う。

あ、あと『野ブタ。をプロデュース』を読みました。
今さら?って感じですが、
TVドラマの再放送がやっていて、急に原作を読みたくなったのだ。
ドラマとは随分と違う内容だが、
読んで満足の読後感だった。

「修二くん、プロデュースをお願いできないかな?」


橋が無ければ渡られぬ(11月30日)
※仲立ちがなければ物事が進まないことや、
 手段・方法がなければ目的が達せられないことのたとえ。

確かにそうだ。
自力だけというのは、突破するのに労力がいる。
今の自分は、主に助けられてばかりだ。
感謝である。
そして、ありがとう。
主の“笑顔”や“前向きさ”等などから、
エネルギー貰っています。
いつの日か、
この気持ちと頂いたエネルギー
熨斗をつけてお返ししたいと思います。
変な言い方だけど。

ただ、そのくらいの思いを感じているということです。
それを言葉にしておきたかったのだ。


タニタ生活休:(ふるさとグルメ)

この日の昼は、「根の津」でした。
冷たいぶっかけうどんと、鮭ごはんを頂きました。
あと、都内を慌ただしく駆け回った1日でした。
主、夜勤明けお疲れさまです。


さてさて。

また、今回は長くなりましたね。
それでは、また次回。

最後に主に一曲。


[PR]
# by kotora_7 | 2011-12-01 14:29 | 雑文

深夜ラジオ

ラジオを聴いてる。

いいね。

ラジオ。



リッスン? ~Live 4 Life~

JUNK 爆笑問題カーボーイ
[PR]
# by kotora_7 | 2011-11-30 02:08 | 音楽

2011.11.29.

もうじき2年半が経つ。

良かった時、悪かった時もあっただろう。

長い時間をかけて、

じっくり解かっていくこともある。

この2年半、っていうか続くのだけど……。

笑えるものにしたい。






[PR]
# by kotora_7 | 2011-11-30 01:15 | 雑文

一日1500Kcal。

主が休日だったこともあるのか、寝坊した。
しかし、朝食はしっかり喰った。

昨日の残りのチンジャーロースに、
炊きたてご飯(1/2合)、目玉焼き、
ご飯にしらす干しと鮭ほぐしをトッピング。
何Kcalだ!!!!

ひるまでは、ダラダラ、録画したドラマを見る。
昼過ぎ、「お昼どうする?」のひと言で、根の津に。
(何を喰べたかは、暦のひと言に)。
何Kcalだろ?

帰宅して、北海道展で買っていた“チーズオムレット”をひとつ。
またまた何Kcalだよ!!

喰べたら、眠くなって、昼寝。

夜は夜で、作ったクリームスープ&、
主の残ったハンバーグソース&、
デラックスミックスナッツ”。


その“デラックスミックスナッツ
100gで、651gらしいです。
ちなみに、ひと袋には105gなんで、
一袋で683.55Kcai相当になります。
ただ、105g入っていて、
ナッツの種類が何がどれだけ入ってるのかわからないので、
700IKcalぐらいは接収したのでしょうか?

700Kalは、一日摂取の半分になります。
動かず、寝ていていた自分にどう影響するのでしょうか?

寒いし、動かないし、
太りますね、この食欲。

自業自得(11月26日)なんですが。
※すべての不結果は、
 以前に自分が行った、
 良くない行為の報いに基づくとする考え方。

太える恐怖心に対する、
自分への納得なんですかね。



こんなブログを書いて、
時間割いてしまって、
主、「ごめんなさい」。


主に一曲。
申し訳ないが、絵が動きません……。


[PR]
# by kotora_7 | 2011-11-26 22:13 | 雑文

昨夜の失敗。

昨夜深夜の失敗で、
今朝、主に怒られた(=。=|||)。

しかも寝坊して、主の弁当も作れなかった。
(作ろうとしたんだけど、時間的なもので断られた)。

猛烈な寂寥感にかられ、凹む。

まあ、調子に乗った自分が悪いのだ。
主、ごめんなさい。

さらに、友達の家の愛犬が死んだ。
数回しか遊びに行ったことはないんですが、
彼は人懐っこい犬で、行くと必ず歓迎してくれた。

寂しい気持ちのときの訃報は堪えるね。


今日は「白菜のクリーム煮」でも作ります。
主と暖まろうと思います。

主に一曲。

[PR]
# by kotora_7 | 2011-11-24 14:19 | 雑文